FOLLOW US

UPDATE|2019/10/04

TEAM SHACHI、改名からの進化と深化を語る「濃すぎるぐらい濃い1年だった」

左から坂本遥奈、秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫 撮影/土屋恵介

昨年10月にチームしゃちほこから改名し、4人体制での活動をスタートさせたTEAM SHACHI。「大人に作られたアイドルから、共に創造するガールズユニットへ」というコンセプトの下、メンバーが作詞や振り付けに参加するなど、大きな進化を遂げつつある。10月2日(水)にニューシングル「Rocket Queen feat. MCU / Rock Away」をリリースしたばかりの4人に、「とても濃かった」という改名からの1年を振り返ってもらった。


     *    *    *

──改名から1年経ったTEAM SHACHIですが、ENTAME nextには初登場となります。改めて自己紹介と、それぞれTEAM SHACHIになって変わったところを教えていただけると。

坂本 手羽先キミドリ、坂本遥奈です。まず、TEAM SHACHIになってハタチになりました。あと、私はダンスが好きでいつか振り付けをやりたいと思ってたんですが、その夢がTEAM SHACHIになって叶いました。「グラブジャムン」の振り付けを担当させてもらいました。

大黒 むらさきパープル(仮)、大黒柚姫です。私はTEAM SHACHIになってからハモリをやるようになりました。ライブ中も、曲中に高頻度でやってます。

咲良 ドラゴンズブルー、咲良菜緒です。TEAM SHACHIになって私が好きなラウドな音が加わるようになって、いよいよ私の出番が来たって思っています。

秋本 名古屋レッド、秋本帆華です。私はもともとポジティブだったんですけど、TEAM SHACHIに変わってからよりポジティブになりました。前は、何か新しいことに挑戦するとき、不安要素が大きかったけど、今はやらせてもらえる! 嬉しい! ってすごく前向きに取り組めるようになりました。

──グループとしての変化もお聞きしたいのですが、改名するとき、「大人に作られたアイドルから、共に創造するガールズユニットへ」というコンセプトを掲げていましたが、実際に1年活動してどんな手応えがありますか。

大黒 前はスタッフさんが準備してくださったものに私たちが乗っかることがほとんどだったんです。でも、TEAM SHACHIになって、衣装やロゴ、方向性を決めるときに打ち合わせの段階から参加させていただけるようになったんです。メンバーもそれぞれ作詞や作曲、振り付けを手がけたり、自分発信のものが増えました。それによって責任感も強まりましたし、もっとやりたいっていう気持ちも高まって、濃すぎるぐらい濃い1年でした。

咲良 スタッフさんとの意見交換がしやすくなりましたね。ライブのセットリストも、私たちの意見を加えてもらえるようになったんです。

秋本 セトリの中でこの曲をここでやる意味っていうのを知れて、それを踏まえてやるライブは今までとだいぶ変わりました。

坂本 曲作りの段階から参加しているのでライブのときの感覚が違うんです。例えば「ROSE FIGHTERS」はほのかちゃんが作詞した曲なんですけど、強い女性を描いているんです。そういう曲を作った経緯を知っていると曲に対しての気持ちも変わるなと思いました。

──逆に、チームしゃちほこ時代の曲に対して捉え方が変わったりは?

坂本 変わりましたね。作詞をするようになって、改めて曲の深さを知ることも多いです。「プロフェッショナル思春期」はチームしゃちほこの最初の5年間の集大成の曲なんですけど、“挑み続けるよ 全速力でこれからも”“歌い続けるよ 限りあるなら今ここで”とかズンって入ってくる言葉がめちゃめちゃ並んでるんです。作詞家さんすごいな、私ならたぶん3行くらいしか思いつかないって(笑)。改めて詞のすごさに気付いて、より気持ちを込めて歌えるようになりました。

秋本 あと、ライブでは既存曲もブラスアレンジされてるので、TEAM SHACHIのものにアップデートされててうれしいです。
AUTHOR

土屋 恵介

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事