FOLLOW US

UPDATE|2019/05/29

全てはHKT48のために…指原莉乃が福岡・感謝祭に散りばめた未来へのヒント

「指原莉乃11年ありがとう!大感謝祭」(C)AKS


アンコール。これまたまさかの『川の流れのように』(作詞をした秋元康からのリクエストだった、という)。美空ひばり風の派手な衣装で登場した指原。それはすなわち「アンコールでは激しいダンスはできません」という意思表示でもあった。事実、このあと指原はトロッコに乗って、会場のスタンド上部をゆっくりと一周。『恋するフォーチュンクッキー』ではステージに戻ってきたが、サビの部分しか踊っていない。もう、すべてをHKT48に任せた格好になった。

ここでスタートしてから、ずっと覚えていた違和感の正体に気がつく。

アンコール2曲目の『メロンジュース』のイントロが流れると、松岡はなが「上のほうのみなさんも盛り上がってますかーっ!」と絶叫した。

そうだ。いつもであれば、もう1曲目から指原が「うしろのほうも見えてますよ!」「2階席も見えてますよ!」と徹底的に煽りまくり、それによって、どんなに広い会場であってもステージとの距離がグッと縮まり、一体感が飛躍的に増す。

『OVERTURE』が流れなかったことばかりに気をとられていたが、指原は毎回、続けてきた大仕事をあえて放棄していたのだ。そして、その役割を松岡はなに託した。

これも新生HKT48では、きっと、当たり前になる光景。次からじゃダメなのだ。指原はここにいるけれども、もうHKT48のメンバーではない。だから、今日から松岡はながその役割を果たさないと意味がない。この煽りですべてのモヤモヤが解消した。

しかし、本当のクライマックスはこれからだった。「次がHKT48のメンバーと一緒に歌う最後の曲になります……」。そういって、涙で声を詰まらせた指原が告げた曲名。それは『タンスのゲン』だった!
AUTHOR

小島 和宏

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事