FOLLOW US

UPDATE|2019/10/18

岸本ゆめの&一岡伶奈 ハロプロ対談「仲間でライバル、ちょうどいい二人の距離感」

左から岸本ゆめの、一岡伶奈(PHOTOGRAPHER HIDETO AIDA)


──ハロプロメンバーとファッションの話をすることはあります?

岸本 私はPINK CRES.の夏焼雅さんに最近仲良くしていただいていて、それでお話したり、お買い物に行ったりしてます。

一岡 私はJuice=Juiceの植村あかりさんと最近よくファッションのお話をしています。植村さんはシンプルな服装が多いんですけど、スタイルがいいので洋服が映えるんですよね。でもちゃんと顔を保ったままで。

岸本 顔を保ったまま?(笑)

一岡 シンプルな服でも顔もしっかり映えるというか(笑)。

岸本 あと船木結ちゃんとは同じ大阪府出身っていうのもあってよく話します。お互いに新しい服を買ったら、動画とか写真を送りあうんですよ。船木は小さいけど組み合わせとかレイヤードがうまくて、自分のことを分かってるんだなって思います。おしゃれなんですよ。

──ハロー!プロジェクト全体では、ガーリーなファッションの方が多い印象です。

岸本 キレイめが多いですね、私は着たことないですけど。姉がそういうテイストでたまにおさがりを大量にくれるんですけど、15着あっても1着しか着れるものがなくて。「ほんまにこれ、ゆめが着ると思って渡してくれてんの?」って、申し訳ないけどほとんど返してます。

──この企画でキレイめにチャレンジするのもありですよね。

岸本 確かに、そうですね……。

──乗り気じゃない(笑)。

岸本 キレイめマックスじゃなくて、ミックスにするとかどうですか?甘辛ミックス的な。挑戦としてはありだと思います!

──ぜひチャレンジしてみましょう! お二人はライブなどの衣装を手がけてみたいと思うことはありますか?

岸本 今回みたいな私服っぽいスタイリングを組むのはやってみたいです。でも衣装ってなるとメンバーから苦情がでそう(笑)。あと、わたしの趣味だとつばきファクトリーっていうグループを壊してしまう気がします(笑)。

一岡 じゃあBEYOOOOONDSの衣装やったらいいと思う。楽曲も個性的だし、衣装もすごいのが多いから。

岸本 それはいろんな人の了承を得られたらやってみたいけど、多分だけど、無理だと思う(笑)。

一岡 お願いします(笑)。私はよく姉のコーディネートをしてるので、私服のコーディネートならやりたいです。私でよければですけど。衣装も興味はあるんですけど、生地とかに詳しくないとできないですよね。

──確かに、専門的な知識も必要ですよね。
CREDIT

TEXT SONOKO TOKAIRIN / PHOTOGRAPHER HIDETO AIDA

RECOMMENDED おすすめの記事


RELATED 関連する記事

RANKING 人気の記事